園長ごあいさつ

園長 佐々木 昭道

当園は今年(2022年)秋に創立100周年を迎える歴史と伝統ある仏教幼稚園です。仏教とはお釈迦様の教えであり、子ども達には「明るく」「正しく」「仲よく」と、わかり易く伝えています。そして、心身共に健康で元気な子ども、善悪の判断ができる子ども、感謝と思いやりを持てる子どもを育てます。さらに仏教保育の実践として「食育」を重視し、具体的には、食材のいのちへの感謝はもちろんのこと、すべてのおかげさまへの感謝を実感し、栽培・調理・マナーの修得等に臨みます。保育の形態は、遊びの中から自分で好きなことを見つけ、それぞれの個性を伸ばす「子ども主体の保育」と、各種行事を通して、目標に向かって努力し、達成することで集団生活に順応できる協調性を育てる「一斉保育」を二本の柱としています。